楽天のデビットカードとクレジットカードを両方同時に持つススメ

楽天デビットカードと楽天カード(クレジット)を両方同時に持てたら便利ですよね。

楽天デビットカードは即時引き落としで使いやすいですし、楽天カードはデビット決済できない場所でも使えます。

どちらか一方しか持てなかったら不便に感じますし、カードを切り替えたくなったときに、手続きをするのが面倒くさそうです。

こういった悩みを解決するためにこの記事を書きました。

この記事を読んでわかること
・楽天デビットカードと楽天カードは両方同時に持てる!

・楽天デビットカードと楽天カードを両方持つ場合の使い分け方

5分ぐらいで読めますので、ぜひ参考にしてください。

1.楽天デビットカードと楽天カードは両方同時に持てる!

楽天デビットカードと楽天カード(クレジット)は、両方同時に持つことができます。

両者のカードは、発行している会社が違うからです。

楽天デビットカードは「楽天銀行」が、楽天カードは「楽天カード」というクレジットカード会社がそれぞれ発行しています。

どちらも楽天の子会社ですが、会社自体は別です。

そのため、楽天デビットカードと楽天カードは独立したカードであり、両方持っていてもまったく問題ありません。

それぞれのカードの管理画面(マイページ)も別サイトになっています。

デビ子さん
楽天デビットカードと楽天カードはポイントも別々に貯まってしまうのかな?
ネコさん
いいえ。どちらのカードも貯まるポイントは楽天ポイントなので、ポイントだけは同じところに貯まります!

楽天デビットカードを使っても、楽天カードを使っても、もらえるポイントは楽天ポイントです。

楽天ポイントは、親会社である「楽天」が管理していますので、しっかり1つのところにたまっていきます。

貯まった楽天ポイントについては、「楽天市場」や「楽天pointclub」などにログインすることで、確認可能です。

2.楽天デビットカードと楽天カードを両方持つ場合の使い分け方

楽天デビットカードと楽天カードを両方持つ場合の、使い分け方を紹介します。

賢い使い分け方は、以下の3つです。

  1. 楽天市場での買い物は楽天カードがお得
  2. コンビニやスーパーなど普段の買い物は楽天デビットカードが使いやすい
  3. 格安simなど一部の支払いはデビットカードが使えない

理由とともに順番に解説していきます。

2-1.楽天市場での買い物は楽天カードがお得

楽天市場で買い物をするならば、楽天カードの方がもらえるポイントが多く、お得です。

楽天カードを使って買い物をすると、楽天市場の商品はすべてポイント2倍になるからです。

 楽天デビットカード楽天カード
楽天市場の買い物ポイント1倍(1%)ポイント2倍(2%)

楽天デビットカードと楽天カードは、ともにポイント還元率1%のカードです。

ただ楽天カードは、楽天市場の買い物ならいつでも還元率2%(100円で2ポイント)になります。

一方、楽天デビットカードは、楽天市場で使っても還元率1%(100円で1ポイント)のままです。

そのため、楽天市場ではポイントが2倍貯まる楽天カードのほうがお得です。

デビ子さん
楽天市場は、たまに「ポイント5倍」のショップとかあるけど、その場合はどうなるのかな?
ネコさん
その場合は、楽天カードなら合計でポイント7倍になります!

「ポイント~倍」などのキャンペーンは、複数あるときは足し算されます。

ポイント倍の例

こういったショップのキャンペーンは、楽天カードでなくてもポイントがもらえますが、ポイントは多ければ多いほどいいです。

楽天カードの利用枠が残っている限り、楽天市場では絶対に楽天カードを使いましょう!

2-2.コンビニやスーパーなど普段の買い物は楽天デビットカードが使いやすい

コンビニやスーパーなど普段の買い物は、楽天デビットカードの方が使いやすいです。

楽天デビットカードは即時引き落としのため、クレジットカードより残高の管理がしやすいからです。

クレジットカードは、翌月まで口座から引き落とされないので、ついつい使いすぎてしまうことがあります。

しかし、即時引き落としのデビットカードなら、クレジットカードより使いすぎが少ないです。

口座からお金を下ろして使うのとなんら変わりがないため、現金払いと同じような感覚で使えます。

デビ子さん
コンビニやスーパーで使うと、楽天デビットカードと楽天カードでポイント還元率は変わるのかな?
ネコさん
楽天市場以外で使うのであれば、どちらもポイント還元率1%で同じです。

楽天市場以外で使うのならば、楽天デビットも楽天カードも、ポイントの面で優劣はないと考えて大丈夫です。

国内外の店舗で使える店も同じですので、私は普段は残高管理がしやすい楽天デビットカードを使っています。

2-3.格安simなど一部の支払いはデビットカードが使えない

楽天デビットカードは、格安simなど一部の支払いには使えないことがあります。

簡単にまとめると、以下のような支払いです。

  • 格安sim(UQモバイル、BIGLOBE、@モバイルくん。)
  • 高速料金
  • オンラインカジノ等、一部の海外加盟店
  • ガソリンスタンド(口座残高が10000円未満の場合のみ)
  • 楽天Edyの登録

上記の支払いは、即時引き落としができないため、楽天銀行が支払いを中止しています。

即時引き落としができないサービスは後払いになるため、デビットカードだと残高不足になる可能性があるからです。

詳しくは以下のコンテンツで解説していますので、気になる方は参考にしてみてください。

楽天デビットカードがお店で使えないときに確認すべき原因と理由

2018.11.23

こういったサービスについては、クレジットカードである楽天カードであれば間違いなく使えます。

もちろん楽天ポイントもGETできますので、楽天カードで支払うのがオススメです。

まとめ

このページで紹介してきたように、楽天デビットカードと楽天カードは同時に持つことができます。

どちらか一方のカードを持っていて、「もう片方に切り替えたい」と考える方は多いと思います。

その場合、両方のカードを持ってしまうのもありです。どちらも年会費無料で、末長く持っていても損をすることはありません。

むしろ場面によって使い分けができるので、両方持っていた方がメリットが多いです。

「切り替え」を検討していた方は、両方持ってしまう選択もありだと思います。


JCBとVISAから選べる
[楽天デビットカード]

楽天デビットカードの選び方を解説!JCBとVISAを比較してみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)