使えば使うほどお得!楽天デビットカードのメリット・デメリット解説

カードを持つ女性

楽天のデビットカードに興味があるけど、「クレジットカードとの違い」や「メリット・デメリット」などがわからなくて、迷ってはいませんか?

周囲で使っている人がいないと、利便性がイマイチわかりにくいですよね。

しかし、デビットカードは、とても使い勝手が良く、幅広い世代の方にオススメできるカードです。

クレジットカードのように様々なお店で支払いに使えるうえ、カードの申し込み時に審査がないからです。

特に、楽天デビットカードはポイント還元率が高く、非常にお得なカードであるといえます。

このページでは、楽天デビットカードの初歩的な知識や、メリット・デメリットについてより詳しく紹介していきます。

1.楽天デビットカードとは

楽天デビットカードとは、楽天銀行が発行しているデビットカードです。お店やネットショッピングの支払いに使うことが出来ます。

また、キャッシュカード機能がついており、ATMで入出金も可能です。

この項では、デビットカードの特徴や使い方について解説していきます。

1-1.デビットカードとクレジットカードの違いは、支払いのしくみ

デビットカードは、お店やネットショッピングの支払いに使うと、すぐに口座からお金が引き落とされます。

自分の口座のお金を使って、その場で支払いをする仕組みだからです。

すなわち、デビットカードは、即時支払いのカードであると言えます。そのため、口座にある分のお金しか使うことが出来ません。

一方、クレジットカードは、翌月払いになっていることが普通です。

楽天デビットカードの画像

デビットカードは即時払い、クレジットカードは翌月払いです。

1-2.支払いに使う方法は、クレジットカードと同じ

支払い日はクレジットカードと異なりますが、使い方は全く同じです。

デビットカードは、クレジットカードと同じ決済システムを採用しているからです。

そのため、レシートや領収書には、「クレジット」と印字されることがあるので、注意しておきましょう。

たとえば、コンビニやスーパー、家電量販店などでは、「カード」で「一回払い」と言ってデビットカードを出せばOKです。

レジでカード会計する画像

小銭を探す手間もなく、簡単に支払いが完了します。

なお、デビットカードは分割払いがないため、「1回払い」以外を選択しても「1回払い」の扱いで決済されます。

ネットショッピングでは、クレジット決済を選択し、デビットカードに記載されているクレジットカード番号を入力しましょう。

ネットショッピングをする女の子の画像

コンビニ払いと違い、自宅で簡単に決済が完了します。

また、デビットカードのクレジット決済は、手数料が一切かかりません。

代金引換や銀行振り込みなどは、手数料がもったいないので、ネットショッピングにはデビットカードが向いています。

クレジットカードと同じように使えるデビットカードは、とても便利です。

1-3.楽天デビットカードが使えるお店は、JCBやVISAの加盟店

JCBやVISAの加盟店であれば、様々なお店で使うことができます。

楽天デビットカードは、「JCB」と「VISA」の2種類が発行されているからです。

そのため、楽天JCBデビットカードは、「JCB」の加盟店舗で使えます。また、JCBは「Ciirus」と提携しており、下のCiirusマークのあるお店でも利用可能です。

JCBマークの画像

そして、楽天VISAデビットカードは、下のような「VISA」または「Plus」のあるお店で使えます。

VISAマークの画像

たとえば、以下のようなお店はJCBやVISAに加盟しています。よって、楽天デビットカードで支払いが可能です。

  • コンビニ
  • レストラン
  • スーパー
  • 家電量販店
  • ネットショッピング

どこのお店で使ったとしても、もちろん手数料は一切かかりません。支払うのは商品代金のみです。

国内の主要なお店は、ほとんど楽天デビットカードで支払いができます。

手元にあるお金を使い、支払いに追われたくない人は楽天デビットカードを活用して現金フリーにしていきましょう。

1-4.海外のお店やATMでも楽天デビットカードは便利

楽天デビットカードは、国内だけでなく、海外でも利用できます。

JCBやVISAは、国際ブランドと呼ばれ、世界で使えるカードブランドです。そのため、加盟店であれば海外でも使えます。

たとえば、以下のようなお店で支払いが可能です。

  • レストラン
  • ホテル
  • お土産屋さん
  • ドラッグストア
  • デパート

支払い方法は国内と同じで、「カード」で「1回払い」を伝えればOKです。デビットカードを見せるだけでも、だいたい伝わります。

カード払いなら、慣れない現地通貨で戸惑うこともなく、会計がスムーズ&スマートです。

また、お店での支払いのほか、海外の提携ATMでは現地通貨を引き出すことができます。

両替所に並んだり、慣れない外国語で説明したりする必要なく、ATMの操作ひとつで海外通貨がGETできて便利です。

ATMでお金を下ろす女性の画像

よって、楽天デビットカードを持っていれば、現金を両替する必要がほとんどありません。

ただし、海外のATMでは、引き出しのみが可能になっています。入金や残高照会はできないので、注意しましょう。

楽天デビットカードがあれば、はじめての海外でも安心して旅行ができます。

2.楽天デビットカード3つのデメリット

ここからは、楽天デビットカードのデメリットを紹介します。

私が実際に使ってみて、デメリットだと感じる点は、以下の3つです。

  • 分割払いが出来ない
  • 電子マネーへチャージはポイント付与の対象外
  • ATMによる入出金は、場合によっては手数料がかかる

1つずつ説明していきます。

2-1.楽天デビットカードは分割払いが出来ない

デビットカードの支払い回数は、一回払いのみです。クレジットカードのような分割払い、リボ払い、ボーナス払いはできません。

デビットカードは、支払いに使うとすぐお金が引き落とされるからです。

また、口座にある分のお金しか使えないため、残高が足りないときはカードで支払うことができません。

したがって、使う分のお金を事前に口座に入れておく必要があります。

とはいえ、クレジットカードのような後払いはお金の管理が難しいです。お金を使いすぎてしまう心配がなくなるため、むしろメリットといえます。

「後払いはなんだか不安だし抵抗がある」という人は、クレジットカードではなく、楽天デビットカードがオススメです。

2-2.電子マネーへのチャージはポイント付与の対象外

楽天デビットカードで電子マネーへチャージしても、楽天ポイントは付与されません。

電子マネーへのチャージは、楽天銀行側の利益がほとんどないからです。

利用者にとってはポイントがもらえると嬉しいですが、銀行にとっては赤字になるリスクがあります。

実際、電子マネーへのチャージは、ポイント付与の対象外としている銀行やカード会社が増えてきました。

もし、JCBやVISAの加盟店でデビットカードを使うのであれば、銀行側は加盟店から手数料を得ることができる仕組みになっています。

よって、国内外の店舗やネットショッピングの支払いは、しっかりと楽天ポイントが付与されます。

電子マネーへのチャージは、ポイント付与の対象外なので注意しましょう。

2-3.ATMによる入出金は、場合によっては手数料がかかる

ATM手数料は、入金・出金ともに216円または270円となっています(3万円以上の入金は、いつも無料です)。

楽天デビットのATM利用手数料

楽天デビットカードのATM利用手数料

出典:楽天銀行:提携先ATM利用手数料

ただし、楽天銀行の「ハッピープログラム」へエントリーすることで、月に最大7回までATM手数料が無料となります。

「ハッピープログラム」とは、楽天銀行の様々な特典が受けられる優遇プログラムのことです。

ハッピープログラムのランクに応じて、ATM手数料が無料になったり、楽天ポイントの獲得が増えたりします。

楽天銀行のハッピープログラムの画像

出典:楽天銀行:ハッピープログラム

上の画像にある「取引」というのは、ハッピープログラム対象のサービスのことです。口座振替や振り込みなどが1件ごとにカウントされます。

その他のハッピープログラム対象のサービスは、こちらで確認可能です。

なお、楽天デビットカードに新規入会から6か月間は、ハッピープログラムに関係なく月に5回までATM手数料が無料です。

ATM手数料は、条件しだいとなっています。

3.楽天デビットカードの4つのメリット

ここでは、楽天デビットカードのメリットを紹介します。

楽天デビットカードのメリットは以下の4つです。

  • JCBブランドは年会費が永年無料で、楽天ポイント還元率が高い
  • 入会審査がなく、16歳以上なら誰でも作れる
  • 即時払いなので、お金の管理がしやすい
  • JCBブランド限定で、新規入会特典とお買い物パンダデザインをGETできる

1つずつ詳しく解説していきます。

3-1.JCBブランドは年会費が永年無料で、楽天ポイント還元率が高い

楽天JCBデビットカードは、年会費が永年無料です。(楽天VISAデビットカードは税込み1,029円となっています。)

そして、楽天ポイント還元率は、1%(100円で1ポイント)で業界最高を誇ります。

発行手数料も無料なので、カードを持っているだけでは、お金がかかりません。使えば使うほどお得なカードといえます。

JCB加盟店であれば、どこで使っても100円の利用ごとに1ポイントです。

カードを持つ主婦の画像

さらに、楽天市場での買い物は、いつでもポイントが2倍となっています。

貯まったポイントは、楽天グループのサービスで1ポイント1円として使えるので、現金払いより非常にお得です。

年会費無料でずっと長く使える上に、還元率が高く、とても大きなメリットがあります。

3-2.入会審査がなく、16歳以上なら誰でも作ることができる

16歳以上であれば、誰でも申し込むことが可能です。クレジットカードと違って、審査はありません。

デビットカードは、口座残高を超える利用はできないからです。ATMでお金を下ろして使うのと、何ら変わりがないということです。

年齢の上限もなく、16歳以上なら高校生からリタイア後のシニアの方まで、誰でも作れます。

初めて持つカードとして、デビットカードは人気が高いです。

それだけでなく、楽天デビットカードは海外通貨の引き出しが可能なため、留学をする学生にもよく利用されています。

審査がなく、手軽に申し込めるため、幅広い世代の方にオススメできるカードです。

3-3.即時払いなので、お金の管理がしやすい

支払いに使うたびに、口座からお金が引き落とされるので、残高の管理がしやすいです。

残高や利用履歴は、楽天銀行の公式サイトにログインすることで、簡単に確認できます。楽天銀行アプリでも確認可能です。

口座残高を超える利用はできないため、使う分のお金だけを入れておけば、使いすぎることはありません。

クレジットカードのように、後から請求が来ることもないので、安心です。

後払いは、「借金のようで気分がモヤモヤする」という人はデビットカードが向いています。

使いすぎの心配をせずに、買い物を楽しみたい方に便利です。

3-4.JCBブランド限定で、新規入会特典とお買い物パンダデザインをGET

楽天JCBデビットカード限定で、最大1,000ポイントの入会特典が受け取れます。

また、カードデザインはシルバーのほか、お買い物パンダデザインを選択可能です。

お買い物パンダを選んでも、特別な発行手数料などはかかりません。楽天デビットカードは、作るだけでもお得なカードといえます。

入会特典の内訳は、新規入会特典で300ポイント。入会した翌月末までに3,500円以上の利用で、700ポイントです。

 楽天JCBデビットカード
新規入会特典300ポイント
3,500円以上の利用特典700ポイント
ポイント特典合計1,000ポイント
お買い物パンダデザインお買い物パンダデザインの画像

新規入会特典はもちろん、お買い物パンダが好きな人にはぜひオススメです。

4.楽天デビットカードの国際ブランドは、間違いなくJCBがオススメ

楽天デビットカードの国際ブランドは、VISAよりJCBがオススメです。

年会費、ポイント還元率、カードデザインなど圧倒的にJCBが優れています。

業界最高のポイント還元率で、使うたびに楽天ポイントがザクザク貯まっていきます。

ポイントを貯めながらお得に買い物をしたい」という方にとって、楽天JCBデビットカードは、まさに打ってつけです。

VISAの方が優れる点は、ヨーロッパなどの海外で、JCBよりも加盟店が多いこと。

ヨーロッパなどへ頻繁に行く予定がある人以外は、絶対にJCBを選ぶべきです。

まとめ

このページで紹介してきたように、楽天デビットカードは、デメリットよりもメリットの方が大きいカードです。

特に、JCBブランドならば、年会費無料でカードを作るだけでもポイントがもらえます。

今まで現金払いしていた物を、カード払いにすればポイントをどんどん貯めていくこともできます。

楽天JCBデビットカードで、あなたもお得なカードライフを送ってみてはいかがでしょうか?


JCBとVISAから選べる
[楽天デビットカード]

楽天デビットカードの選び方を解説!JCBとVISAを比較してみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)