UFJと楽天のデビットカードを比較!楽天の方がポイントがお得!

三菱UFJと楽天のデビットカードは、どちらを選べばいいのか悩むところですよね。

年会費やポイント還元率、付帯する保険など比較する項目が多い中で、よりお得なカードを選ぶのは難しいです。

実は、三菱UFJと楽天のデビットカードでは、楽天JCBデビットがもっともオススメできます。

付帯する保険は三菱UFJデビットに劣りますが、それ以上に年会費とポイント還元率がお得だからです。

このページでは、三菱UFJと楽天のデビットカードを7つの項目で比較し、どちらが優れているのか解説していきます。

1.三菱UFJデビットカード(JCB・Visa)と楽天デビットカード(JCB)の7つの比較・違い

三菱UFJデビットカード(Visa・JCB)と楽天JCBデビットカードを7つの項目で比較しました。

冒頭で述べたとおり、3枚のうちもっともオススメなのは楽天JCBデビットカードです。

以下の比較表を見てもらえれば、楽天JCBデビットカードが年会費やポイント還元率で優れていることがわかると思います。

 三菱UFJデビット(JCB)三菱UFJデビット(Visa)楽天JCBデビット
発行手数料
無料(再発行は1,080円)

無料(再発行は1,080円)

無料(再発行も無料)
年会費
・初年度無料
・2年目以降1080円(税込み)
※ただし、以下のいずれかの場合は2年目以降も無料
①前年度1年間の利用額10万円以上
②23歳以下

・初年度無料
・2年目以降1080円(税込み)
※ただし、以下のいずれかの場合は2年目以降も無料
①前年度1年間の利用額10万円以上
②23歳以下

無料
ポイント還元率
0.3~0.5%相当
※交換商品により、還元率は異なる
(1000円で1ポイント)

0.2%のキャッシュバック(1000円で2円)

1%(100円で1ポイント)
申し込み条件
15歳以上(中学生は除く)

15歳以上(中学生は除く)

16歳以上
保険・補償
不正利用補償、ショッピング保険(海外)、旅行保険

不正利用補償、ショッピング保険

盗難補償のみ
セキュリティ
Visa認証サービス

Visa認証サービス

J/Secure
カードデザイン



お買い物パンダデザインの画像
楽天JCBデビットカードの画像

各項目について、順番に解説していきます。

1-1.発行手数料、年会費の比較

発行手数料は三菱UFJデビット、楽天デビットともに無料です。

ただ、再発行手数料が三菱UFJデビットは有料なのに対し、楽天デビットは無料なのでほんのちょっと楽天のほうがお得といえます。

一方、年会費は楽天JCBデビットカードのみ永年無料です。

三菱UFJデビット(JCB・Visa)は初年度は年会費無料ですが、2年目以降は1,080円(税込み)払わなければなりません。

 三菱UFJデビット(JCB)三菱UFJデビット(Visa)楽天JCBデビット
発行手数料
無料(再発行は1,080円)

無料(再発行は1,080円)

無料(再発行も無料)
年会費
・初年度無料
・2年目以降1080円(税込み)
※ただし、以下のいずれかの場合は2年目以降も無料
①前年度1年間の利用額10万円以上
②23歳以下

・初年度無料
・2年目以降1080円(税込み)
※ただし、以下のいずれかの場合は2年目以降も無料
①前年度1年間の利用額10万円以上
②23歳以下

永年無料

ただ、表にもある通り次のいずれかに当てはまる場合、三菱UFJデビットは2年目以降も年会費無料です。

  1. 前年度1年間の利用額10万円以上
  2. 23歳以下

条件次第で三菱UFJデビットも年会費は無料になりますが、あまり期待できないと言わざるをえません。

もし1年間に10万円以上利用するならば、ポイント還元率が高い楽天JCBデビットカードを使った方がお得だからです。

また、23歳以下の方であれば三菱UFJデビットもありですが、年会費を気にせず使える楽天JCBデビットカードの方がオススメできます。

管理人
年会費無料の楽天JCBデビットカードは、末永く使えるカードです!

1-2.ポイント還元率の比較

楽天JCBデビットカードのポイント還元率は、業界最高の1%です。

 三菱UFJデビット(JCB)三菱UFJデビット(Visa)楽天JCBデビット
ポイント還元率
0.3~0.5%相当
※交換商品により、還元率は異なる
(1000円で1ポイント)

0.2%のキャッシュバック(1000円で2円)

1%(100円で1ポイント)

楽天JCBデビットカード

1%という還元率はクレジットカード並であり、これを超えるデビットカードは存在していません。

さらに、楽天市場での買い物は常に2%になります。

ポイント3倍や5倍のショップで使えば、還元率を5%や7%にすることも可能でとてもお得なカードです。

楽天市場を利用する人はもちろん、ポイントをガンガン貯めたい方は楽天JCBデビットカードを選びましょう。

三菱UFJデビット(JCB)

一方、三菱UFJデビット(JCB)のポイントは、還元率0.3~0.5%相当です。

還元率に差があるのは、ポイントを交換する商品によって変わるためで、カタログはこちらから確認できます。

ポイントの使い道は広いですが、1,000円で1ポイントしか貯まらない点が楽天JCBデビットと比べてネックです。

たとえば、楽天JCBデビットは貯まったポイントをすぐに楽天市場なので使うことができます。

それに対して三菱UFJデビット(JCB)は、ある程度ポイントを貯めないと目当ての商品に交換できません。

よって、ポイントの面でも楽天JCBデビットカードが勝ります。

三菱UFJデビット(Visa)

そして、三菱UFJデビット(Visa)は還元率0.2%で、こちらは三菱UFJデビット(JCB)と違いキャッシュバックです。

お金が現金で帰ってるのはありがたいですが、やはり還元率が低いので楽天JCBデビットの方がオススメです。

管理人
コンビニやネットショッピング、スーパーなど、デビットカードはどこで使ってもポイントを貯めることができます。

使えば使うほど楽天JCBデビットカードがお得です!

1-3.申し込み条件の比較

三菱UFJデビット、楽天デビットともに審査はなく、対象年齢を満たしていれば誰でも申し込むことができます。

 三菱UFJデビット(JCB)三菱UFJデビット(Visa)楽天JCBデビット
申し込み条件
15歳以上(中学生は除く)

15歳以上(中学生は除く)

16歳以上

デビットカードは年齢の上限はないため、高校生からリタイア後のシニアの方まで幅広い世代で使われているカードです。

もし、対象年齢に達していない場合は、どうやってもデビットカードを作れないので、その年齢になるまで待ちましょう。

そのため、三菱UFJデビットの方がわずかに有利と言えます。

とは言っても、年齢の違いは1歳なのでほとんど差はありません。

管理人
20未満の方は、申し込むときに保護者の承認が必要になるので注意です!

1-4.保険・補償の比較

保険・補償は三菱UFJデビットは手厚く、楽天JCBデビットはやや弱いため対照的となっています。

 三菱UFJデビット(JCB)三菱UFJデビット(Visa)楽天JCBデビット
保険・補償
不正利用補償、ショッピング保険(海外のみ)、旅行保険

不正利用補償、ショッピング保険

盗難補償のみ

不正利用補償と盗難補償は、同じ内容と考えて差し支えありません。

三菱UFJデビット(JCB)

三菱UFJデビット(JCB)は旅行保険が付帯するため、国内外への旅行をよくする方にとっては頼もしい味方です。

特に、海外旅行保険が充実しています。

三菱UFJデビット(Visa)

一方、三菱UFJデビット(Visa)は、ショッピング保険に重点が置かれています。

国内・海外どちらで購入した商品でも保険の対象となるので、安心してショッピングを楽しみたい方にオススメです。

楽天JCBデビットカード

楽天JCBデビットは年会費やポイント還元率を重視したカードなので、保険が弱い点はやむを得ません。

なお、詳しい保険・補償の内容は以下の通りです。

三菱UFJデビット(JCB)の保険・補償内容

補償・保険限度額内容
不正利用補償500万円(1事故あたり)偽造・盗難カード等が第三者によって不正利用された場合、当行が連絡を受けた日から60日前まで遡り、その日以降に発生した損害について補償
ショッピング保険(海外のみ)
年間100万円までJCBデビットを利用して海外で購入した物品でご購入日(配達などによる場合には物品の到着日)から90日以内に偶発な事故(国内・海外問わず)によって損害を被った場合に補償
海外旅行保険
【死亡後遺障害】最大3,000万円
【傷害・疾病治療】最大100万円
【賠償責任】最大2,000万円
【携行品の損害】1旅行最大20万円、年間100万円
【救援者費用】最大100万円
海外旅行に関する所定の料金の支払いにJCBデビットを利用した場合、適用される
国内旅行保険【死亡・後遺障害】最大3,000万円国内旅行に関する所定の料金の支払いに事前にJCBデビット利用した場合、適用されます

三菱UFJデビット(Visa)の保険・補償内容

補償・保険限度額内容
不正利用補償年間100万円まで偽造・盗難カード等が第三者によって不正利用された場合、当行が連絡を受けた日から60日前まで遡り、その日以降に発生した損害について補償
ショッピング保険年間100万円まで本カードを利用してご購入された品物の破損・盗難

楽天JCBデビットカードの保険・補償内容

補償・保険限度額補償内容
盗難補償年間100万円まで楽天銀行デビットカードにかかる紛失、盗難、偽造・変造等によりお客さまが被った損害を補償

一見すると、「ショッピング保険がないのは不安」と思われますが、ショッピング保険はさほど必須な保険ではありません。

2ヶ月や3か月で買った商品が事故に遭うことはほとんどありませんし、自分に過失がある場合は補償の対象にならないこともあるからです。

もちろん付帯している方がいいことは間違いありませんが、最低限の補償である盗難補償(不正利用補償)があれば問題はありません。

管理人
私は楽天JCBデビットを使っていますが、「ショッピング保険」がなくて困ったことはありません!

1-5.ネットショッピングのセキュリティの比較

ネットショッピングのセキュリティは、どのカードも安全です。

 三菱UFJデビット(JCB)三菱UFJデビット(Visa)楽天JCBデビット
セキュリティ
J/Secure

Visa認証サービス

J/Secure

「J/Secure」と「Visa認証サービス」は名称が違いますが、仕組みは全く同じもので「3Dセキュア」とも呼ばれます。

どちらもネットショッピングをする際、自分しか知らないパスワードの認証を行い、本人確認をするサービスです。

パスワードが誤っていれば決済はされません。クレジットカード情報を盗む「なりすまし」などの不正利用が防止できます。

もし、通販やネットショッピングにおける「デビットカードの安全性」が気になる方は、下のコンテンツを参考にして下さい。

「1-3.3Dセキュアサービスでインターネットでの買い物が安全に出来る」に、詳しい解説があります。

コンビニでも使える楽天デビットカードの支払い方法や使える店を紹介

2018.01.28

セキュリティと補償がしっかりあるため、デビットカードはネットショッピングで安全に使うことができます。

管理人
私は楽天JCBデビットでネットショッピングをしていますが、不正利用されたことは一度もないです。

楽天やAmazon、ヤフオク、メルカリなどなるべく大手のサイトでデビットカードを使うようにしましょう!

1-6.カードデザインの比較

三菱UFJデビットはJCB・Visaともに3種類のカードデザインが用意されています。

一方、楽天JCBデビットカードは2種類です。

 三菱UFJデビット(JCB)三菱UFJデビット(Visa)楽天JCBデビット
カードデザイン



お買い物パンダデザインの画像
楽天JCBデビットカードの画像

デザインは好みによりますが、三菱UFJデビット(JCB)の「ミッキー」、楽天JCBデビットの「お買い物パンダデザイン」が人気です。

お買い物パンダは、幅広い世代の方に愛されている楽天の公式キャラクターで、LINEスタンプなどでも人気があります。

「ミッキー」、「お買い物パンダ」ともに見ているだけでも癒されるので、かわいいキャラクターが好きな人にはとてもオススメです。

なお、三菱UFJデビットの「ミッキー」デザインは、JCBのホワイト限定です。

管理人
カードデザインは、申し込み時に好きなデザインを選択することができます!

2.3枚の中では楽天JCBデビットカードがもっともオススメ

ここまで比較してきた3枚のデビットカードの中では、楽天JCBデビットがもっともオススメです。

最大の理由は、やはり年会費無料でポイント還元率が高いことに尽きます。

あらゆるデビットカードと比べても、楽天JCBデビットカードほどお得なカードは存在しません。

三菱UFJデビットは、保険・補償が充実していることが魅力ですが、上でも述べたように盗難保険さえあれば問題はありません。

どうしても旅行保険を重視したい場合以外は、楽天JCBデビットでザクザクポイントを貯めた方がお得です。

まとめ

このページで説明したように、三菱UFJデビットは保険・補償を重視したカードです。

対して楽天JCBデビットは、年会費やポイント還元率に特化しています。

「保険・補償は、充実していないと困る」という方は、三菱UFJデビットを選択しましょう。

一方、ポイントを貯めてお得に使うことを考えるならば、間違いなく楽天JCBデビットがオススメです。

さらに年会費も無料なので、持っていてまったく損はないカードといえます。

この機会に、あなたも楽天JCBデビットカードを作ってみてはいかがでしょうか?


JCBとVISAから選べる
[楽天デビットカード]

楽天デビットカードの選び方を解説!JCBとVISAを比較してみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)