今すぐできる楽天デビットカードの入金手数料を無料にする方法

楽天デビットカードを使ってATMで入金する際、手数料が一番安いところを使いたいですよね。

また、ATM手数料を払うなんてもったいないので、できれば無料で入金したいところです。

そんな方にオススメな入金手数料を無料にする方法が、以下の3つです。

  1. 3万円以上で入金する
  2. ハッピープログラムにエントリーする
  3. ゆうちょ銀行と連携する

このページでは、上記の入金手数料を無料にする3つの方法について、解説していきます。

出金手数料を無料にする方法も合わせて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.使えるATMと利用手数料

楽天銀行の提携先ATMと利用手数料は、以下の通りです。

楽天デビットのATM利用手数料

楽天デビットカードのATM利用手数料

出典:楽天銀行:提携先ATM利用手数料

セブン銀行、イオン銀行、コンビニATMイーネット、ローソンATMで使えるため、主要なコンビニで使えないところはありません。

また、スーパーでは主にイトーヨーカドー、イオン、ライフ、ベイシアなどで使えます。

都市銀行では三井住友銀行、りそな銀行で使えませんが、ほとんど全国のコンビニで使えるため問題はないと言えます。

提携ATM企業がとても多い楽天銀行ですが、ATM手数料については216円または270円とやや高めとなっています。

管理人
楽天デビットカードは便利でお得なカードですが、楽天銀行の手数料の高さだけがネックです。手数料を無料にする方法を利用して、むだなお金を払わないようにしましょう!

2.手数料無料で入金する方法

ATM手数料無料で入金する方法は、冒頭で述べたように以下の3つです。

  1. 3万円以上で入金する
  2. ハッピープログラムにエントリーする
  3. ゆうちょ銀行と連携する

順番に解説していきます。

2-1.3万円以上で入金する

もっとも簡単でオススメなのが「3万円以上で入金する」という方法です。

3万円以上で入金すれば、時間・場所に関係なくいつでも手数料は無料になります。

ミニストップのイオン銀行ATMやセブンイレブンのセブン銀行ATM、その他どこのATMを利用しても、3万円以上なら24時間365日手数料は無料です。

「ATMによっては手数料がかかる」といったことがないので、毎回3万円以上で入金すれば手数料は完全無料にできます。

「毎回3万円も入金するのはちょっと‥」と思われるかもしれませんが、楽天デビットカードは様々な支払いに使える便利なカードです。

ポイントが貯まり、現金で払うよりお得なので問題はありません。

管理人
3万円以上で口座にお金を入れておき、コンビニやスーパー、ネットショッピングなど普段の買い物をデビット支払いするのがオススメです!

2-2.ハッピープログラムにエントリーする

ハッピープログラムにエントリーすると、ATM手数料が月に最大7回まで無料になります。

無料回数はハッピープログラムの会員ステージによって増えていき、高い方のステージはそのほかの特典も受けることが可能です。

以下は、会員ステージの「条件」と「優遇される特典」の一覧です。

楽天銀行のハッピープログラムの画像

楽天銀行:ハッピープログラム

会員ステージが上がるほどお得ですが、上の画像の通り、条件はやや厳しめとなっています。

ATM手数料が1回無料になるアドバンストでも、「口座残高が10万円以上」または「5件以上の取引」が必要です。

スーパーVIPになるには「口座残高が300万円以上」または「30件以上の取引」をしなければなりません。

補足
ハッピープログラム対象の「取引」は、たとえば以下のようサービスです。

  • 他行口座からの振込
  • 他行口座への振込
  • ATM取引(入出金)

など。こちらですべての対象取引を確認できます。

お金をたくさん預ける人なら特典は多いですが、そうでない方は正直なところメリットが少ないといえます。

ちなみに、私はベーシックとアドバンストをウロウロしています。

管理人
ハッピープログラムの会員ステージは、なかなか上がりません。無料回数も少ないので、3万円以上の入金が手軽で簡単です!

なお、ハッピープログラムのエントリー方法は、楽天会員リンク登録をするだけです。

楽天の会員情報と楽天銀行の口座情報を連携する「楽天会員リンク登録」をすると、ハッピープログラムのエントリーも完了します。

2-3.ゆうちょ銀行と連携する

ゆうちょ銀行を持っている方限定ですが、「ゆうちょ銀行本人名義口座からの入金」サービスを利用する方法もあります。

このサービスの魅力は、1円から手数料無料で入金が可能なうえ、入金手続きは楽天銀行ログイン後の画面からできる点です。

そのため、入金のためにゆうちょ銀行やATMに行く必要がありません。

ただし、このサービスを利用するには、事前にゆうちょ銀行口座の「通帳記号と通帳番号」を楽天銀行に登録する必要があります。

補足
「通帳記号と通帳番号」は、キャッシュカードに記載されている以下の3桁と8桁(または7桁)の番号です。

 

登録は、次の手順で行えばOKです。

  1. 楽天銀行にログイン後、「My Account」→「入金方法」→「ゆうちょ銀行から入金する」の順番で押す
  2. ゆうちょ銀行登録画面に切り替わるので、「通帳記号と通帳番号」を入力して登録する
  3. 自動払込利用申込書が送付されるので、ゆうちょ銀行口座の届印を捺印し、返送する
  4. 数週間~1か月程度で登録完了

登録さえ完了すれば便利ですが、上記のように登録に時間がかかる点がデメリットです。

また、ゆうちょ銀行からの入金は即時に実行されない点にも注意が必要となります。

具体的には、入金をしてから最短でも8時間以上かかり、土日祝をはさむと翌営業日になってしまいます。

受付日・受付時刻楽天銀行口座への入金日
平日0時~6時59分当日の17時30分以降に順次入金
平日7時~13時59分当日の22時以降に順次入金
平日14時~23時59分翌営業日の17時30分以降に順次入金
土・日・祝日翌営業日の17時30分以降に順次入金

よって、「入金してすぐにデビットカードを使いたい」という方にはあまりオススメできない方法です。

「多少時間がかかってもスマホやタブレットから無料で入金したい」という方にオススメです。

3.手数料無料で出金するたった一つの方法はハッピープログラム

出金手数料を無料にする方法は、ハッピープログラムのATM手数料無料回数を使うしかありません。

上でも述べた通り、ハッピープログラムは会員ステージに応じてATM手数料が月に最大7回まで無料です。

この無料回数は、ATMで出金を行っても回数が消費されることになります。

ただ、ハッピープログラムの会員ステージはなかなか上がらないうえ、無料回数も少ないためできるだけ出金を抑えたいところです。

私の実践している方法ですが、月に必ず支払う携帯、公共料金などの月額料金と、コンビニ・ネットショッピングなど普段の買い物の金額しか入金しないことにしています。

月額料金や普段の買い物をデビット支払いでポイントを貯めて、楽天市場でお得にショッピングするのがオススメです。

管理人
出金はどうしても手数料がかかりやすいです。急な出費にも対応できるよう必要以上に入金せず、日用品の買い物を楽天デビットカードにするのがお得です!

まとめ

このページで説明したとおり、楽天デビットカードの入金手数料を無料にする方法は3つあります。

もっとも簡単でオススメなのは、3万円以上で入金することです。

実際、私もこの方法で毎回入金しているため、手数料は全くかかっていません。

また、出金手数料を無料にする方法は少ないため、入出金を繰り返すことがないようにすることがポイントです。

入金手数料を無料にして、お得に楽天デビットカードを活用していきましょう!


JCBとVISAから選べる
[楽天デビットカード]

楽天デビットカードの選び方を解説!JCBとVISAを比較してみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)