楽天デビットカードは海外でも便利!使い方や注意点を紹介

「楽天デビットカードって海外でどう使うのかわからない」とお困りではありませんか?

また、「どういうところで使えるのか?」も気になるところですよね。

結論から言うと、楽天デビットカードは海外でも国内と同じ使い方です。クレジットカードのように、ショッピングやレストランなどの支払いに使えます。

楽天デビットカードは、JCBまたはVISAの国際ブランドがついてるからです。

さらに、ATMで現地通貨を引き出すことができ、急に現金が必要になったときにもデビットカードは重宝します。

ただし、クレジットカードと違いキャッシングは出来ないことに注意しましょう。

デビットカードは、自分の口座にあるお金しか使えないカードだからです。

このページでは、楽天デビットカードの海外での使い方や注意点、クレジットカードとの違いなどについて解説をしていきます。

1.デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードは、クレジットカードと同じく海外で支払いに使えるカードです。

クレジットカードとの主な違いは、次の3つです。

  1. 即時支払いである
  2. 口座に預金残高がある限り支払いができる
  3. キャッシングはできない

一つずつ解説をしていきます。

1-1.デビットカードは即時支払いである

デビットカードは、支払いに使った瞬間に口座から代金が引き落とされます。(クレジットカードは翌月払い)

楽天デビットカードの画像

デビットカードは、口座のお金を使って、その場で支払いをする仕組みだからです。

たとえば、100万円口座にあり、1万円使用した場合、カードを使った瞬間に口座の残高は99万円になります。

支払いのたびに口座から引き落としになるため、感覚としては現金払いとほとんど変わりません。

よって、デビットカードは、口座残高の管理がしやすい点が大きなメリットです。

クレジットカードのような後払いは、ついつい使いすぎてしまうことがありますが、デビットカードならその心配はありません。

即時支払いのデビットカードは、お金の管理がしやすく便利です。

1-2.デビットカードは口座に預金残高がある限り支払いができる

デビットカードは利用限度額がなく、口座に残高がある限り支払いが可能です。

楽天デビットカードと楽天クレジットカードの画像

即時支払いであるデビットカードは、口座からお金を下ろして使うのとなんら変わりがありません。

よって、利用限度額は存在しないです。

極端な話、口座に1000万円あれば、一日に1000万円カード払いをすることも可能になります。

言い換えると、口座に残っているお金が利用限度額になるということです。

そのため、残高が足りない場合は、デビットカードで支払いができないので注意しましょう。

口座残高が足りないときにカード払いをすると、「このカードは使えないようです。」と店員さんに言われてしまいます。

クレジットカードと違い、あらかじめ口座にお金を入れておく必要があるので気をつけましょう。

1-3.デビットカードはキャッシングはできない

キャッシングとは、ATMなどで金融機関からお金を借りることです。

買い物の代わりに、お金を引き出してそれを後から返済するのがキャッシングです。

デビットカードは、クレジットカードと違ってキャッシングができないので注意しましょう。

金融機関が「貸し倒れ」のリスクを回避するため、デビットカードはキャッシングができなくなっています。

たとえば、楽天デビットカードは申し込み時の審査がなく、16歳以上なら誰でも作れるカードです。

万が一、キャッシングで貸したお金が返ってこなかったら、金融機関は損をしてしまいます。

そのため、「しっかり返済をしてくれる能力がある人かどうか」を見極めて、金融機関はお金を貸しています。

デビットカードのように申し込み時の審査がない場合、「返済能力があるかどうか」を見極めることができません。

よって、キャッシングは不可となっています。

2.楽天デビットカードの海外での便利な使い方

楽天デビットカードの海外での使い方を紹介します。基本的には、国内と同じように使うことが可能です。

カードと同じ国際ブランドのマークがあれば、お店・ATMどちらでも使えます。

2-1.利用できる場所は「JCB」や「VISA」の加盟店・サービス

楽天JCBデビットカードは、以下の「JCB」または「Ciirus」のマークがあるお店やATMなどで使うことができます。

JCBマークの画像

そして、楽天VISAデビットカードであれば、「VISA」または「PLUS」のマークがあるお店やATMで利用可能です。

VISAマークの画像

「JCB」や「VISA」などのロゴマークは、クレジットカードのためだけのものではありません。

これらのマークが提示されているお店やATMであれば、楽天デビットカードも問題なく使うことができます。

補足
デビットカードは、クレジットカードと同じ決済システムが採用されています。よって、クレジットカードが使えるお店であれば、デビットカードも使えると考えて差し支えありません。

たとえば、以下のような場所で利用できます。

  • レストラン
  • ホテル
  • ショッピング
  • お土産屋さん

ちなみに、「JCB」や「VISA」のマークは、たいていお店のレジや入口近くに、シールやステッカーで貼られていることが多いです。

ただ、アメリカはカード決済が当たり前なため、ステッカーを貼っていないお店も多くあります。

カードが使えるかどうか分からない場合は、お店の店員さんに聞いてみましょう。

管理人
デビットカードを見せながら、「クレジット、OK?」などと聞くだけでもほとんど理解してくれます!

2-2.楽天デビットカードの支払いの方法は1回払い

デビットカードには分割払いがなく、常に1回払いとなります。クレジットカードのようなボーナス払いや、リボ払いもできません。

デビットカードは、即時支払いのカードだからです。

そのため、もし店員さんに支払い回数を聞かれた場合は、「1回払い」であることを伝えましょう。

支払い方法の画像

しかしながら、実は海外ではお店の人に支払い回数を聞かれることは、ほとんどありません。

日本で発行されたカードは、海外では支払い回数が選べないようになっているからです。

よって、デビットカードを出したあとは「紙のレシートなどにサイン」または「暗証番号の入力」をすれば支払い完了です。

「サイン」と「暗証番号の入力」のどちらをすればよいかは、お店によって違いますので、店員さんの指示に従いましょう。

ちなみに、暗証番号というのは、カードを発行するときに任意に設定した4桁の数字のことです。

ATMを利用するときに使う4桁の番号とは異なるので、注意しましょう。

支払いの手順はクレジットカードと同じですが、回数は1回のみとなっています。

2-3.楽天デビットカードはATMで現地通貨が引き出せる!

楽天デビットカードがあれば、海外で大金を持ち歩いたり、日本円を保管したりする必要がなくなります。

世界中の提携ATMで、現地通貨を引き出すことができるからです!

ATMは操作も簡単で24時間対応が多いため、両替と比べてとても楽です。

両替所だと探すのすら面倒ですが、ATMなら空港・街・ショッピングセンターなど様々な場所にあることも利点です。

ATMでお金を下ろす女性の画像

ただし、海外のATMでは「引き出しのみ」が可能なことに注意しましょう。

入金や残高照会をすることができません。

そのため、海外に行く前に口座に日本円を入金しておき、現地に到着してから必要な分のお金を引き出しましょう。

海外ATMの使い方や注意点については、以下のコンテンツで詳しく解説しています。

楽天デビットカードは海外通貨が引き出せる!ATM利用時の注意点

2018.12.19

また、旅行だけでなく、子どもの海外留学にも楽天デビットカードは便利です。

ATMで現地通貨の引き出しが簡単なうえ、口座へ振り込みをすることによって、日本にいる家族からの送金も可能だからです。

生活費や学費など、留学中に必要なお金のサポートが可能になります。

楽天デビットカードがあれば、海外で多額の現金を持ち歩く危険がなくなり、安心です。

3.海外で楽天デビットカードを使うときの注意点

ここでは、海外で楽天デビットカードを使う際の注意点を紹介します。

注意すべき点は、以下の2つです。

  1. ホテルやレンタカーを利用する場合、デポジットの支払いを求められる
  2. 海外でデビットカードを利用する際は手数料が発生する

一つずつ説明していきます。

3-1.ホテルやレンタカーを利用する場合、デポジットの支払いを求められる

海外では、ホテルに泊まったりレンタカーを借りたりする場合、受付でデポジットの支払いを求められることがあります。

デポジットとは「保証金」のことで、通常の代金とは別の支払いが生じたときのための預かり金です。

たとえば、ルームサービスを頼んだりホテルやレンタカーの延滞金が発生したりした場合などに、デポジットから精算されます。

デポジットの説明画像

日本ではあまり馴染みがありませんが、アジア含む海外ではデポジットを支払うのが普通です。

よって、ホテルやレンタカーを利用するときは、デポジットも計算に入れておきましょう。

デポジットの額はアメリカを例にすると、およそホテル・レンタカーともに300~500ドルぐらいです。

もちろん、追加料金が発生しなかった場合は、デポジットは返金されるので安心してください。(差額分があった場合も当然返金されます)。

返金の時期は、現金で支払った場合はチェックアウト時、デビットカードで支払った場合は、数日~2週間程度です。

デポジットの返金時期の画像

注意すべきは、デポジットをデビットカードで支払うと、返金の時期が遅いことです。

このことを事前に知っておかないと、「デポジットが返金されない。詐欺にあったのではないか」と不安を募らせてしまうことになります。

補足
クレジットカードを持っている場合は、デポジットではなくクレジットカードの提示を求められます。もし追加料金が発生した際は、カード会社へ請求がいき、後日支払いをすることになります。

デビットカードでデポジットで支払うと返金が遅いため、口座残高には十分注意しましょう。

3-2.海外で楽天デビットカードを利用する際は手数料が発生する

海外で楽天デビットカードを使う場合、国際ブランドが定めたレートに海外事務手数料という「3.024%」の手数料を加えたものが口座から引かれます。

海外でご利用になった場合の換算レートは、外貨額を国際ブランドの決済センターで集中決済された時点での国際ブランドが指定するレートに、海外利用にかかるコストとして、3.024%(税込)を加えたものになります。

楽天銀行:楽天デビットカードの使い方(海外編)より引用

国際ブランドが指定するレートというのは、ニュースなどで見られる為替相場をもとに、JCBやVISAが定めたレートです。(よって、為替相場とは異なります)

たとえば、JCBであれば「JCB 基準レート」というキーワードで検索することでレートを確認できます。(サイトページはこちら)

その基準レートに、3.024%の手数料がプラスされ、日本円に換算されるということです。

この手数料は、ショッピングの支払いのときも、ATMで現地通貨を引き出すときも同じになっています。

ただ、ATMについては海外ATM独自の手数料も発生します。大体は、日本と同様に100円~200円であることが多いです。

海外手数料の説明画像

注意する点として「海外でデビットカードを使ったとき」のレートと「お店が売り上げを確定し、情報が送信された時点」のレートで差がある場合、差額の引き落とし(または返金)がされます。

お店の売り上げ確定データが送信された時点のレートが、実際の換算レートだからです。

なお、海外でデビットカードを利用した日と、お店が売り上げ確定のデータを送信する日には、時間差があります。

この時間差はお店によって違いますが、速くて3日、遅いと一か月以上かかることもあるようです。

お店から売り上げの確定データが到着する時間は、速くて3日、遅いと1か月以上かかることもあります。

楽天銀行:デビットカード専用カスタマーセンターより引用

よって、差額の返金や引き落としが後日行われるので覚えておきましょう。

楽天デビットカードは、海外では手数料がかかるため、口座残高には注意が必要です。

換算レートの説明画像

4.海外はJCB・VISAどちらがオススメか?

海外で使うことだけを考えるのであれば、VISAの方がオススメです。

VISAの加盟店数は世界1位となっており、あらゆる国で使える国際ブランドだからです。

クレジットカードが使えるお店であれば、VISAが使えないお店はほとんどないと言っても過言ではありません。

しかし、楽天VISAデビットカードは年会費が高く、長く使うカードとしてはあまりお得とはいえないです。

もし、日本人観光客が多い海外で使う予定であれば、JCBの方もオススメできます。

たとえば、ハワイやグアム、韓国のソウルなどです。

JCBはヨーロッパでは加盟店が少ないですが、日本人観光客が多い国であれば、VISA同様に問題なく使えます。

年会費無料でポイント還元率が高いため、VISAよりお得です。

5.紛失・盗難したら速やかにカスタマーセンタへ連絡を

海外で楽天デビットカードを紛失したり、盗難されたりした際は、楽天銀行のカスタマセンターへ早急に連絡しましょう。

カードの不正利用を防止するため、停止手続きをしてもらう必要があるからです。

カードの盗難・紛失についての連絡は、24時間年中無休で受け付けています。(お問い合わせページはこちら)

万が一悪用されてしまった場合でも、30日以内に申請の手続きを行うことで、年間最大100万円まで損害は補償されます。

また、停止手続きは可能ですが、海外からデビットカードの再発行はできません。(楽天VISAゴールドデビットカードのみ可)

よって、海外へ行くときは念のため、デビットカードを2枚持って行った方が安全です。

まとめ

このページで書いてきたように、海外では楽天デビットカードはとても便利といえます。

ショッピングやレストランなどの支払いに使えるうえ、ATMで現地通貨の引き出しも可能だからです。

旅行中に大金を持ち歩くのは、どうしても不安がつきまといますが、楽天デビットカードがあればそのような心配もなくなります。

快適な海外旅行のために、ぜひ楽天デビットカードを利用してみてください。


JCBとVISAから選べる
[楽天デビットカード]

楽天デビットカードの選び方を解説!JCBとVISAを比較してみました。


2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)