楽天デビットカードが使えるスーパーをまとめてみた

「よく行くスーパーでは、楽天デビットカードは使えるのか?」は知っておきたいところですよね。

また、スーパーのレジで使う際は「サインとかするものなのか?」も気になるところです。

こういった疑問を解決するために、この記事を書きました。

この記事を読んでわかること
・楽天デビットカードが使えるスーパー

・楽天デビットカードが使えないスーパー

・大概のスーパーはサインレスで決済できる

5分くらいで読めますので、参考していただけますと幸いです。

1.楽天デビットカードが使えるスーパー

スーパーは、大手のチェーン店なら大概どこでも楽天デビットカードが使えます。

大手のチェーン店の場合、JCBやVISA、マスターカード、アメックス、ダイナースなど多くのブランドカードが使えることが多いです。

そのため、楽天JCBデビット、楽天VISAデビットどちらでも利用できます。

たとえば、以下のようなスーパーです。

※数が多いので、五十音順にまとめました。

ア行

  • アピタ
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • いなげや
  • オーケー
  • オオゼキ

カ行

  • カスミ

サ行

  • サミット
  • 三徳
  • サンワ
  • スーパータイヨー
  • スーパーバリュー
  • 西友
  • 成城石井

タ行

  • ダイエー
  • ツルヤ
  • 東急ストア
  • トライアル
  • とりせん
  • ドン・キホーテ

ナ行

ハ行

  • バロー
  • ピアゴ
  • ベイシア
  • 平和堂
  • ベルク
  • ベルクス

マ行

  • まいばすけっと
  • マックスバリュ
  • マミーマート
  • マルエツ
  • マルナカ

ヤ行

  • ヤオコー
  • ゆめタウン
  • ヨークマート
  • ヨークベニマル

ラ行

  • ライフ

ワ行

  • ワイズマート

上記のスーパーのいくつかは、各公式サイトに「JCB」または「VISA」が使えるかどうか記載されています。

例として、「ベルク」の公式サイトの画像を転載しておきます。

ベルク:さいたま宮原店より転載

上の画像の「ベルク」であれば、楽天JCBデビット、楽天VISAデビットどちらも使えるということです。

デビ子さん
でもこれはクレジットカードの話じゃないのかな?
ネコさん
JCBやVISAが使えるのならば、JCBデビットやVISAデビットも使えるんです!

デビットカードは、クレジットカードと同じ決済システムが使われています。

「JCB」や「VISA」などのマークは、クレジットカードのためだけのものではないんです。

他にも、レジやお店の入り口にJCBやVISAのマークが提示されていることもあります。

その場合も、問題なく楽天デビットカードが利用可能です。

ただし、アピタやイトーヨーカドーのような大型店舗の場合、テナントによっては利用できないことがあるので注意しましょう。

2.店舗によっては使えないスーパー

以下のスーパーでは、地域や店舗によって使えるところと使えなところがあります。

  • エーコープ
  • 業務スーパー
  • コープ

業務スーパー

「業務スーパー」は、以前はカード払いができませんでしたが、現在はカード払いに対応している店舗が増えてきました。

しかし、まだ全店カード払いに対応しているわけではなく、使えない店舗もあるようです。

業務スーパーの公式サイトにて、各店舗で利用可能な国際ブランドが確認可能です。

エーコープとコープ

「エーコープ」と「コープ」は、各地域の農協や農協の関連会社が運営していますので、お店によって使えないところが存在します。

業務スーパーと同様、以前よりは使える店舗が増えましたが、まだ全店ではないようです。

これらのスーパーについては、お近くの店舗に電話で確認してみるか、現金も用意しておいた方がいいと思います。

3.楽天デビットカードが使えないスーパー

以下のスーパーは、全店楽天デビットカードが利用できません。

  • コモディイイダ
  • 万台
  • ロヂャース
  • ロピア

上記のお店は、そもそもカード払いができず、現金払いのみとなっているからです。

デビ子さん
今時、カード払い出来る店の方が多いのに、なぜ現金のみなのかな?
ネコさん
カード払いを導入しない理由は、「お店の考え方の違い」に尽きると思います。

カード決済を導入するとお店にくるお客さんが増えますが、経費やコストを考えると単純に利益が増えるとは限りません。

お客さんがカード払いをした場合、お店はカード会社に手数料を払わなければならないからです。

スーパーだと、この手数料は2~4%程度といわれています。

こういった手数料を加味すると、商品価格を少し上げないと利益を出すことができません。

それならいっそ、「カード払い出来ないかわりに、商品を安くして金額でお客様にサービスしよう」という考えです。

ただ、商品の価格は「地域」や「店舗」によっても変わるので、あまり他店との差は感じられないかもしれませんが‥。

カード払いできないスーパーは、不便であることは間違いないので、楽天デビットカードを使うなら他のスーパーに行った方が良いでしょう。

4.大概のスーパーはサインレスで決済できる

スーパーでデビットカードを使うときは、「暗証番号の入力やサイン」はほとんど必要ありません。

ほとんどのスーパーは、JCBやVISAとサインレスで決済可能な契約を結んでいるからです。

ただし、スーパーによって、サインレスで買い物可能な金額や商品が異なります。

一例として、「西友」の公式サイトの画像を転載しておきます。

西友:よくあるご質問より転載

上の画像は、「クレジットカード」と記載されていますが、デビットカードでも同じです。

西友の場合、食料品は3万円未満ならサインレス、3万円以上ならサイン必要ということです。

お店によって、この金額や商品に違いがありますが、たいていのスーパーは「3万円」が基準になっています。

ネコさん
ただし、システムの違いからサインレス決済ができないお店もありますので、注意しましょう。

まとめ

楽天デビットカードが使えるスーパーのまとめは以上です。

基本的に大手のチェーン店は使えて、地方限定のスーパーなどはあまり使えません。

使えるお店は、ほとんどサインレスで決済出来て、楽天ポイントを貯めることもできるので非常に便利です。

また、具体的な支払い方法は、以下のコンテンツで詳しく解説しています。

楽天デビットカードのコンビニでの使い方と支払い方法まとめ

2019.01.05

支払い方法はコンビニのときと同じですので、そちらもぜひ参考にしていただければ幸いです。


JCBとVISAから選べる
[楽天デビットカード]

楽天デビットカードの選び方を解説!JCBとVISAを比較してみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)