楽天デビットカードの再発行手順を状況別に解説します

楽天デビットカードの再発行は、初めての方には手順がわからないですよね。

再発行する理由は、「磁気不良」や「暗証番号の間違いでロックされてしまった」などいろいろあるからです。

そこでこのページでは、楽天デビットカードの再発行の手順を、状況別に解説させていただきます。

この記事を読んでわかること
・ICチップや磁気ストライプの不良で再発行する場合

・暗証番号の連続間違いでロックされて、再発行する場合

・紛失・盗難で再発行する場合

ぜひ参考にしていただければと思います。

1.ICチップや磁気ストライプの不良で再発行する場合

ICや磁気の不良で再発行する場合は、以下の2つの方法があります。

  1. 楽天銀行のカスタマーセンターに電話して、再発行の依頼をする
  2. 自分でWEB上で停止および再発行の手続きをする

順番に解説していきます。

1-1.楽天銀行のカスタマーセンターに電話して、再発行の依頼をする

1つ目は、楽天銀行のカスタマーセンターに電話して再発行の依頼をする方法です。

ICや磁気の不良の場合は、電話1本で再発行の手続きが完了します。

楽天銀行が、カードの停止から再発行の手続きまですべてやってくれるからです。

自分が必要なことといえば、電話の際に本人確認として、「住所、連絡先」などを聞かれることぐらいです。

デビ子さん
16桁のカード番号は変わるのかな?
ネコさん
いいえ。磁気不良などで、電話で手続きした場合は、カード番号は前と変わりません。

そのため、カード番号を変えたくない場合は、必ず電話で再発行の手続きをお願いしましょう。

電話で手続き後、4営業日後に発送されるため、自宅に届く目安は1週間~10日後ぐらいになります。

ただし、電話は紛失・盗難の場合を除いて、朝9:00~夕方5:00までしかできないので注意です。

1-2.自分でWEB上で停止および再発行の手続きをする

2つ目は、自分でWEB上で停止および再発行の手続きをする方法です。

自分で手続きする場合は、現在使っているカードを停止してから、再発行の申し込みをすることになります。

この方法は、電話と違ってカード番号が変わることに注意してください。

また、停止および再発行の手続きには、本人確認として楽天銀行の4桁~12桁の暗証番号が必要になります。

補足
本人確認は、電話での手続きの際は、住所や連絡先などを答えればOKとなっています。

楽天銀行の暗証番号とは、楽天銀行のWEB上の取引(振り込みなど)や、手続きをするときに使う番号です。

この暗証番号の上4桁は、ATMで使う暗証番号と同じになっています。

「ATMで使う上4桁しか覚えてないんだけど‥」という方は、先に楽天銀行の暗証番号を再発行しなければなりません。

暗証番号はセキュリティ上、確認や照会をすることができないからです。

楽天銀行の暗証番号を再発行する手順は、以下のコンテンツで詳しく解説しています。

楽天デビットカードの暗証番号を忘れたときの対処方法

2018.12.02
デビ子さん
電話のほうが楽そうだけど、自分で手続きするメリットってあるのかな?
ネコさん
電話の手続きより1日速く発送されるため、自宅に届くのも1日速いのがメリットです。

また、電話は朝9:00~夕方5:00までしかできませんが、WEB上の手続きならいつでもできる点もメリットです。

1-2-1.WEB上の停止手続きの具体的な手順

ここから、自分で停止手続きする手順を解説していきます。

まずは、楽天銀行にログインしましょう。以下のボタンからログインページへ飛ぶことができます。

ログイン後、「カード・ATM」のタブを押します。

次に、「盗難・紛失の場合」を押し、停止手続きを開始します。

紛失・盗難以外の理由でカードを停止する場合も、「盗難・紛失の場合」から手続きをすることになります。

画面が切り替わったら、停止したいカードを選択し「お手続き開始」という赤いボタンを押します。

次に、状況と連絡先を入力していきます。

盗難・紛失以外の場合は、以下のように入力すればOKです。

  • 状況:「その他」を選択
  • 発生場所:「その他」を選択
  • 状況詳細:カードを停止する理由を入力(カードを破損したためなど)
  • 発生日時:手続きしている今現在の時間を入力
  • 警察への届出:「届出未済」を選択
  • 緊急連絡先:緊急連絡先を入力。登録電話番号と同じでも可。

すべての入力ができたら、「次へ(確認)」という赤いボタンを押しましょう。

入力した内容を確認し、問題なければ4桁~12桁の楽天銀行の暗証番号を、半角数字で入力しましょう。

入力の際は、数字に対応するセキュリティボードのアルファベットを押すことで、情報漏れを防ぎ安全に入力できます。

最後に「実行」という赤いボタンを押せば停止手続きは完了です。

1-2-2.WEB上の再発行の具体的な手順

停止手続きが終わったら、次はカードの再発行の申し込み手続きをしていきましょう。

以下、箇条書きで簡単に申し込みの流れを書いていきます。

  1. ログイン後、「カード・ATM」のタブを押す
  2. 前と同じカードの「お申込み」というオレンジのボタンを押す(違うカードにするとカード番号が変わります)
  3. 名前、デビット用暗証番号、パスワード、連絡先を入力する
  4. 申し込み内容を確認し、楽天銀行の暗証番号を4桁~12桁の半角数字で入力する
  5. 利用規定を確認し、「同意して申し込む」を押す

再発行の申し込み方法は、カード切り替えと同じ手順なので、以下のコンテンツも参考になると思います。

最短1分で完了!楽天デビットカードの切り替え方法

2018.10.24

注意点としては、デビット用暗証番号は、一度決めたら確認や照会ができないことです。

必ず書き留めて保管しておきましょう。

2.暗証番号の連続間違いでロックされて、再発行する場合

暗証番号の間違いでロックされてしまった場合は、以下の2つの方法があります。

  1. 楽天銀行に電話して、カードの停止をしてもらってから、自分で再発行の手続きをする
  2. 自分でWEB上で停止および再発行の手続きをする
ネコさん
16桁のカード番号を変えたくない場合は、1の方法で再発行しましょう。

ただし、1と2どちらの方法でも、自分で再発行手続きをするときに、本人確認として楽天銀行の暗証番号が必要になります。

補足
本人確認は、電話での手続きの際は、住所や連絡先などを答えればOKとなっています。

セキュリティ上、暗証番号の照会は不可なので、忘れている場合は暗証番号を再発行しなければなりません。

楽天銀行の暗証番号がわからない場合は、以下のコンテンツを参考に先に暗証番号を再発行しましょう。

楽天デビットカードの暗証番号を忘れたときの対処方法

2018.12.02

2-1.楽天銀行に電話して、カードの停止をしてもらってから、自分で再発行の手続きをする

まず楽天銀行のカスタマーセンターに電話し、「ロックされてしまったので再発行したい」ことを伝えましょう。

すると楽天銀行の方で、カードの停止だけをしてくれます。

次に、楽天銀行にログイン後、自分で前と同じ楽天デビットカードの申し込みをすればOKです。

前と同じカード番号のまま楽天デビットカードが再発行できます。

ただし、電話は朝9:00~夕方5:00までしかできないので注意しましょう。

再発行の申し込み手順は、「1-2-2.WEB上の再発行の具体的な手順」のときと同じなので、そちらをご参照ください。

再発行の申し込みをしてから、3営業日後に発送されるため、自宅に届くのは大体1週間後になります。

2-2.自分でWEB上で停止および再発行の手続きをする

この方法は「1-2.自分でWEB上で停止および再発行の手続きをする」のときと注意点を含め全く同じです。

3.紛失・盗難で再発行する場合

紛失・盗難の場合の方法は、「2.暗証番号の連続間違いでロックされて、再発行する場合」と同じく以下の2つです。

  1. 楽天銀行に電話して、カードの停止をしてもらってから、自分で再発行の手続きをする
  2. 自分でWEB上で停止および再発行の手続きをする

手順は全く一緒なので、ここでは注意点のみ解説します。

紛失・盗難の場合は、1と2の方法のどちらでもカード番号は必ず変更になります。

第三者による悪用を防ぐためです。

また、普段は朝9:00~夕方5:00の間しか電話できませんが、紛失・盗難の場合は24時間いつ電話しても対応してくれます。

WEB上での手続きは、紛失・盗難に遭った「場所」や「時間」などの入力があり、少し面倒です。

停止手続きは速やかに行わないと、不正利用される恐れがあるので、電話で停止手続きをしてもらったほうがいいと思います。

「2.暗証番号の間違いでロックされて、再発行する場合」に戻るにはここをクリック

まとめ

いかがでしたでしょうか。

楽天デビットカードの再発行手順を、状況別に解説させていただきました。

基本的に、カード番号を変えたくないときは、まずは楽天銀行に電話すればOKです。

一方、WEB上で自分で手続きするメリットは、「自宅に届くのが1日は速い」、「自分の好きなタイミングで手続きできる」の2つです。

自分の都合のいい方で、再発行をしていくのがいいと思います。

ただし、紛失・盗難の場合は必ずカード番号が変わるので注意しましょう。


JCBとVISAから選べる
[楽天デビットカード]

楽天デビットカードの選び方を解説!JCBとVISAを比較してみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)